日本プレイセラピー協会ロゴJapan Association for Play Therapy

特集 「Ann Cattanach先生から学び続ける」

2007年夏の第1回海外講師招聘プログラムにいらしてくださったアン・カタナック先生が、
2009年11月6日にお亡くなりになりました。
世界中の方から、本当に惜しまれる出来事でした。
 
先生は、イギリスのWroxton Study Groupで、JAPT理事の大野木嗣子先生による
「日本のプレイセラピーの現状」を伝えるレポートをお聴きになり、
日本でのプレイセラピー訓練機会の少なさや、学びたいという人々の動機の高さをお知りになり、
日本にいらしてくださるアイデアを私達にご提示くださいました。
 
その先生のアイデアが発端となり、私達は小さいながらもチームを結成し、
多くの人々に呼びかけ、支持をいただきながら、
日本のプレイセラピストや訓練を求める人々に出会う研修シリーズを始めることとなりました。
カタナック先生のその類まれなる熱意を思うと、本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。
 
カタナック先生は、来日時、非常に熱意のある、そしてユーモアとやさしさ、
そして存在感にあふれたご講演・ワークショップをしてくださり、
参加された人々に与えた刺激や影響は多大なものがありました。
また、先生も、日本のプレイセラピストたちの資質や熱意に非常に感銘を受けられ、
日本での研修を再び行ってくださることを約束してくださり、
当協会の顧問になってくださって継続的に私たちの力になり続けてくださっていました。
そして、多くの皆さんが、近い将来、必ずまた先生に来ていただきたいと願っていました。
先生の再度の来日をお知らせすることかなわず、ご訃報をお知らせすることになり、
私達も悲しさとさびしさでいっぱいです。
 
今、あらためて、先生が私達に与えてくださったものの大きさ、
そして先生に一度でも出会うことができたことの幸運に感謝しています。
皆さんとの間に、これからも先生の精神や教えを残し育て続け、
先生と出会い続けていきたいと思っています。
 
そのような願いをこめて、特集として、少しずつではありますが、
先生が私達に与えてくださったものを共有し、
新たに発見していく試みをしていきたいと考えています。
先生がお亡くなりになったことを惜しむ、先生を愛していらっしゃるご家族の皆様、
そして世界中のプレイセラピストたちにもお読みいただけるように
英語と日本語の両方での内容掲載とさせていただきます。
 
(代表 湯野貴子)


  【アン・カタナック先生 Ann Cattanach, MSc, Ph.D.】
 
  プレイセラピー研究により博士号取得。スコットランドにて開業。
  スコットランドの他、イギリス、マレーシア、シンガポール、
  オランダなどでもプレイセラピーやサイコドラマの講演を行う。
  イギリスプレイセラピスト協会正会員。ヨーク大学客員講師。
ローハンプトン大学プレイセラピーコース・大学院創設者、UKハイランド他海外における
児童ケアコンサルタントセラピスト、日本プレイセラピー協会顧問。
2007年に日本プレイセラピー協会夏プログラムに講師に来ていただきました。
Introduction to Play Therapy(Brunner-Routledge, 2003)、
Narrative Approaches in Play with Children (Jessica Kingsley Publishers, 2007)
をはじめ、優れた著書多数。


Copyright (C) Japan Association for Play Therapy
All Rights Reserved.